本当に当たっている? | 自分の運を知りたい、そんな時は姓名判断などの占いを行おう

© 自分の運を知りたい、そんな時は姓名判断などの占いを行おう

本当に当たっている?

占い師の道具

占いには様々な種類のものがありますが、姓名判断のような占いというのは、古くから存在している字に関するデータなどを元に、この文字が苗字にあるならこのような性格、このような特徴……という占い結果が作られています。
ですが、占いの中には透視や予言のような、オカルトのような物を行っている人も居ます。
人によってはもしかして本当に……なんていうふうに思ってしまうような人も居ますが、このような占いをしている人の中には、心理学的なテクニックを利用して相手に占いや予言、透視を行っている……という風に思い込ませている人もいる、というのを知っていますか?

どのようなテクニックで相手に占いなどが当たっていると思い込ませるのかと言うと、非常に簡単な方法で「曖昧なことを言い、相手に情報を言わせる」というものです。
この方法というのは、アンケートなどで良く在る、○○についてどう思居ますか?という質問に対して、その通り、どちらかと言えばその通り、どちらとも言えない、どちらかと言えば違う、違う……という5つの回答の中から1つ選択する、というアンケートを答える際に、多くの人が概ねその通り、どちらとも言えない、どちらかと言えば違う……という、確定した答えを選択しない、というものを上手く利用した方法です。
このテクニックを上手く利用すれば、まるで本当に何かを予言している、透視しているような話し方をしながら占いを行っていき、とても優れた占い師であるようにみえる、もしかしたら超能力者かもしれない……という風に、相手に思い込ませることが出来るのです。

なので、占いを行ってもらう際にはこのような方法をしている人がいる、という事をしっかりと把握したうえで、占ってもらう人や場所などを選ぶようにしましょう。